雨漏り調査の種類を事前に学んでおきましょう。

無料で利用できる現地調査

雨漏り修理を行なう前に必ず必要となるのが、雨漏りの原因を突き止める調査です。初めて修理を依頼する方は「無料調査」と聞くと、きちんと調べてくれるか心配するかもしれません。そこで、現地調査に関するいくつかの疑問や不安を以下にQ&A形式でまとめてみました。気になる点はここで確認しておきましょう。

現地調査に関する疑問

初めて雨漏り修理を依頼します。無料調査を依頼したいのですが、勝手に調査を進めていかないか不安です。雨漏りについての悩みや要望も聞いてくれますか?
無料調査を行なう前に、お客様からヒヤリングをしています。雨漏りについての相談や修理の要望もその際に確認しているので、安心して下さい。また、調査後には調査結果をお客様にしっかり伝え、ご要望に沿った修理を行なえる様にしています。
無料調査の後、見積もりを確認してみて納得できない場合は、キャンセルしても大丈夫ですか?また、その場合キャンセル料金は発生しますか?
無料調査の後、見積もりを提示させていただきます。提示額とその内容がお客様の希望に合っているか、じっくり検討して下さい。お客様のご希望に沿うように料金や修理プランを考えていますが、万が一納得いただけない場合は、キャンセルしていただいても全く問題ありません。その場合料金も発生しないので、その点に関してもご安心下さい。

どの調査方法が優れているのか

雨漏り調査にはいくつか種類があるので確認してみましょう。

主な調査内容

目視調査
屋根や、屋根裏を確認し、雨水の痕跡を辿り侵入口を探す調査です。
散水調査
雨漏りの原因と推測される箇所に散水し雨漏りを再現することで原因を特定する調査です。
発光液調査
雨漏りの原因と推測される箇所に発光液を流し、屋根裏から紫外線を当て発光させて原因を特定する調査です。
赤外線カメラ調査
赤外線カメラを利用し、温度差が変化している場所を特定して原因を特定する調査です。

目視調査は、最も古典的な調査方法です。知識と経験、技術があればこの調査が一番有効で、かつ費用対効果にも長けています。おすすめの調査方法の一つです。

TOPボタン