雨漏り修理の費用は保険を使えばオトクになる

火災保険で雨漏り修理費を0円するコツ

台風や強風などの自然災害によって雨漏りが発生した場合、火災保険を使って雨漏り修理の費用を抑えることができます。保険金を受け取るまでの流れを確認して、スムーズに手続きを行なえるようにしましょう。

保険申請の流れ

損害保険会社に連絡

まずは加入している損害保険会社に電話で連絡を取りましょう。手続きや請求申請に必要な書類の確認をします。その際、注意事項などを詳しく聞いておきましょう。

請求申請を提出

その後、必要な申請書の作成を行ない、保険金の請求申請をしていきます。請求申請を受けた損害保険会社から、損害鑑定人が自宅に派遣されてきます。その際、損害現場を調査していきます。

審査結果を待つ

損害鑑定人が調査結果を持ち帰り、損害保険会社が「今回の雨漏り修理は適用対象にあたるのか」についての審査を行ないます。審査で申請内容が認められれば、無事に保険金が支払われます。

火災保険利用時に確かめたいこと

適用対象を決めるのは損害鑑定人

調査する男性

雨漏りが自然災害で起こったのか経年劣化が原因で起こったのかという調査をする損害鑑定人は、損害保証会社から委託を受けた鑑定会社から派遣されてきます。この鑑定人が保険申請内容を確認して、実際に現場に行き損害教場を調査していくのです。その調査後、自然災害が原因であると認定されると、被害額を割り出して報告書を作成し、依頼した損害保険会社に提出します。

保険申請書作成は正しく行なう

火災保険の申請には、損害保険会社に書類の提出が必要です。主な書類は以下の3つになります。

  • 保険金請求書
  • 事故報告書
  • 修理箇所の工事見積書

これらの書類は自分で作成することも可能です。また、自分で書類作成を行なう場合、事故報告書には以下の内容を記載しましょう。

書類作成で必要な記入事項

  • 保険契約者の名前・保険番号
  • 雨漏りが発生が発生した日時
  • 雨漏りが発生した状況・雨漏りの原因
  • 雨漏りがあった家の住所
  • 雨漏り原因箇所をチェックしてある家の見取り図

書類を作成した後は、火災保険を契約した窓口か損害保険会社へ提出して下さい。

TOPボタン